このページを印刷する

シャーロックにできること

1)ランニングコストの削減

ランニングコストの削減

※この図は導入イメージです。実際のコストの推移を保証するものではありません。

ランニングコスト:入居者が入れ替わるごとに行われるカギ交換。収益性を考えた時コストを誰が負担をするかが大きな問題となってきます。シャーロックのカギ交換システムはコストを抑え、永続的に良好な賃貸住宅経営をサポートします。

2)マスターキープランの変更(分割・統合)

マスターキープランの変更(分割・統合)

マスターキー変換機能によりマスターキーの管理グループの分割・統合も管理運用のタイミングに合わせて様々に変更が可能です。物件の相続、販売といった様々な事由に対しフレキシブルな対応が可能となっております。

3)時間軸コストの削減

時間軸コストの削減

シャーロックカードキーなら、空室に共通カードを設定する事で、同一カードキーですべて、または必要なグループで空室管理することができます。これにより、効率よく管理する事ができ、今までかかっていた人間の、時間・空間コストを削減する事ができます。そして空室物件を効率よく管理する事で内覧する効率も改善され契約率アップにもつながります。